映画採点ブログ

映画を100点満点で採点します

【採点】ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)

インタビューなどの情報なし 映画のみの感想です

レンタル AmazonPrimeVideo で鑑賞

プロローグあらすじ

 フロドはサムとゴラムと歩みを進める。しかしサムとの信頼は薄れてゆくばかり。一方メリーとピピンはアイゼンガルドにてガンダルフ一行と再会。
 喜びもつかの間、ピピンはパランティーアを介しサウロンの計画で人間の城市、ミナス・ティリスが狙われていることを知る。それによりピピンとガンダルフはミナス・ティリスへ向かうことに。

 J.R.R.トールキン原作『指輪物語』の映画3部作。最終章です
↓前作

感想

 完結! 前作まで、いやこの章の途中まで、敵だけでなく人間同士の確執もありましたのでどうなることやら、という感じでした。
 でもうまくまとまりましたね。犠牲も大きかったですが。いやほんとに色々あって密度が高かったですね。最後のレビューといきましょう

見どころ(点数)

建築物・背景・小物 22点
登場人(?)物たち 20点
配役・演技 17点
ストーリー 15点
音楽 9点
CG・特殊メイク等視覚的効果 6点

合計で89点としました

 サム頑張りすぎた。献身的すぎて悲しくなります。救いがあってよかったですね。全てが元通りに、うまくいくようになるわけではないけれど、希望のあるラストは感涙する人も多かったでしょう

 

減点理由(クリックで表示)

面白いシーンが減った -6点
  なんだかんだであのシュールさも好きだった。今回は全力で真面目路線。笑いどころがないと3時間後にドッと疲れますね。  でも今回はミミズスタートにびっくりした。というかハリウッド版釣りキチ三平始まったかと思った。ゴラムの顔と声で分かりましたけど。あとガンダルフが剣を持って物理攻撃とか。そういうところが好きです。しかし結論的には「やっぱり長いし精神摩耗するわ」です。ある程度若い時に観ないとキツイ気がします

原作 -5点
 物語が終わらない。ほんとに終わらなかった。原作読もう……

 

  いやー、長い旅でした。お疲れ様、フロド。お疲れ様、ここまで鑑賞した皆さま。続編(時系列的には前日譚)のホビット3部作は、またいつかレビューしていきましょう。
 なぜ時系列順ではなかったのかと申しますと、指輪物語には原作者の全てが詰まっているからです。ホビット3部作はみやすいので手軽に楽しみたいならそちらのほうが良かったでしょうが、本3部作は異種族を通じて人間とはなにか教えてくれる話でしたね。経験に勝る説得力はないということで。

↓ちなみに、サルマンさんはこうなりました(大嘘)

www.youtube.comちゃんとオチたね?
↓本作