映画採点ブログ

映画を100点満点で採点します

【採点】スモールフット(2018)

インタビューなどの情報なし 映画のみの感想です

劇場 で鑑賞

プロローグあらすじ

 岩、氷、氷、石、たまに雪。ヒマラヤの山の頂上付近で繁栄するイエティの村。「ストーン」の教えに従い、みんなで愉快に暮らしていた。しかしある日、村の外へ飛び出てしまった主人公ミーゴ。そこで起きた事件を発端に、村のイエティたちの意識は変わっていく……。
 閉鎖的な社会! 知的好奇心を持つことはいいこと? 『ミニオンズ』スタッフの新作です

映画ポスター

感想

 前情報を少し聞いて面白そうと思ってたんですがまさか今日公開だとは知らなかった。てっきり冬かと。慌てて鑑賞。ゼンデイヤの歌声が聴きたかったけれど、吹き替えです。
この映画自体に知的好奇心をくすぐられる、良作でした。イマドキなネタもあるけど、ところどころ古いよ。もしかしなくても40代くらいの大人向け?

見どころ(点数)

メッセージ性・テーマ 28点
ミュージカル・歌詞 24点
配役・演技・歌唱力 17点
キャラクター 10点
映像・CG等 7点

合計で86点としました

 メッセージ性が強い! 大好きです、こういうの。分かりやすくまとめるのが本当に得意ですね。ある程度の知識があればそれぞれのアイテムに関連性も見いだせるので子供も観られる。
 良識のある大人ならば漠然とでも感じていることを、視覚的に整理してまとめてくれています。本作はテーマや問題提起が多く、なるほど、と各シーンで思わされます。それでいてストーリーの筋は崩れませんからさすがですね。
 ミュージカルとしては曲数が少なめではありますが、その分凝縮されてます。ここまで歌詞重視のミュージカルはそうそうない。

 

減点理由(クリックで表示)

荒唐無稽 -11点
 ピタ〇ラスイッチ的コンボ。物理法則とか考えちゃだめだ。いる意味もわからんキャラクターたち。カオスがもはや調和を……いややっぱりデタラメだよ。やりすぎ感はあった。あと歌唱シーンで宮野真守さんの躍動する身体と表情が思い浮かんでしまうのはこの項目でいいですか?

雑味 -3点
 言いがかりレベルなんですが、やはり雑味や毒づくような感じが欲しかったかなあと。序盤は皮肉めいたものも感じましたがいつもの綺麗なイルミネーションスタジオに……ワーナー製作でしたね。シンプルだし綺麗で、だから万人に受け入れられる映画が多いので今回は冒険してもらっても嬉しかったですよ

 

 吹き替えで観ましたけど、全員演技力も歌唱力も高くて楽しかったです、ただ歌詞は厳しめですね、ミュージカルはだいたいそんなもの。やはり海外キャストの歌声も確認したいです。またいつか字幕で観ましょう、その価値はありますし。

 『SING』にも使われていたQueenの「Under Pressure」、アレンジされてまた登場。君たち好きだね……。私も好きです。
↓動画

www.youtube.com↓SINGレビュー記事