映画採点ブログ

映画を100点満点で採点します

【採点】ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011)

インタビューなどの情報なし 映画のみの感想です

AmazonPrimeVideo Netflix で鑑賞

プロローグあらすじ

 ジョニー・イングリッシュはMI7のトップエージェントとして活躍していた。しかし5年前、モザンビークで大失態をさらしてしまう。それ以来、イギリスを離れて修行を続けていた。だが突然暗殺計画を阻止するため緊急招集され、MI7に戻ることに。

 ジョニーイングリッシュがちょっと成長して帰ってきた! へっぽこアクション、マシマシで!

感想

 タッカーが「今回の被害者!」って感じで登場して笑った。スパイガジェットや、ジョニーイングリッシュのちょっと成長したアクションシーンにはテンション上がりましたね。1対1のバトルに、ヘリに車(?)に盛りだくさんじゃないですかー!

 前作より面白かったです……では、レビュー行きましょうか。

見どころ(点数)

コメディ要素 20点
へっぽこアクションシーン 19点
配役・演技 16点
ストーリー 9点
EDクッキング! 3点
歌唱シーン 2点

合計で69点としました
 イギリスだからできるのか、かなり不謹慎な笑いポイントがありました。笑ったけど。本当にひでえよ……。様々なタイプの笑いがあって飽きませんでしたね。喋ることができる利点も活かせてたかと。タイトルは「007」パロディ映画としてリスペクトしてるんですかね……なんか、ぽいですよね。

 カッコよさと、そこでポカるか! というバランスがいい塩梅でした。もちろんお約束レベルのものもありますがそれも楽しかった。

 髭モサなローワン・アトキンソンが見られます。ちゃんと歌うシーンもあるよ。

 あと、いつもの持病だけど『料理シーンが好き!』やったぜ! 個人的にはここがピークだよね。うん。映画を楽しむ方向性が歪んできた気がする。同じ楽しみがある方は是非EDも楽しんでください。

 

アンチ(批評)コーナー、作品を好きな人は読まない方がいい(良心)

ストーリー -18点
 単純な一本筋のストーリーなのだけれど、それをポカで複雑(?)に展開させる手口が見え透いていますね……。わざとらしく感じてしまいますから、普通にストーリーで勝負すれば良かったのにと。

終盤は結構雑 -13点
 風呂敷のたたみ方にインパクトはありませんでしたね。まあ道中を楽しむものと考えよう。少なくとも鮮やかなどんでん返しなどは期待できないかと思います。純粋なコメディとして観ようね! まあパロディとはいえスパイ映画だからそういう楽しみも欲しかったな

 

 明日は3となる映画が……公開します……。アクション出来るんですか、そのお歳(63)で……。

 劇場で観ます。不安要素しかないけど、前作から本作もしっかり成長しているので、大丈夫だと……思いたい。

 本作はPrime対象で~す! 是非観てね!