映画採点ブログ

映画を100点満点で採点します

【未完記事】GODZILLA 機動増殖都市(2018)

インタビューなどの情報なし 映画のみの感想です

Netflix で鑑賞

プロローグあらすじ

 (追記します)

映画ポスター

感想

 二作目ッ! やっぱり未だに完全には世界観把握できてません! でも今回は新種族と共に各人型種族の特徴を知ることができました。
 新種族の鱗粉のような粉を吹く知的生命体の設定がいいですね。そのわりに登場シーン短いので疑問は残りますが。地球の生命体がゴジラに隷属しているのに彼女らはセーフなんですね。何食べて生きてるんだろう。

 ずっと気になってたんだけど、シャワーとか浴びられないのかな。そこら辺の生活スタイル、もっとちゃんと作品内で説明が欲しい。趣旨からは外れるかもしれないけれど……ファンタジーにおいて地に足ついた話って説得力を与える上で大事じゃない? ちゃんと説明してたら申し訳ない。1から見直そう……

 ナノメタル……コマンド《命令》通り浸食する金属が今回のキーですかね。メカゴジラは既に原型を留めていないってことでいいのかな。ちょっと残念。
 設定は良い! プログラム次第で勝手に増殖する都市! ロマンある! あとゴジラの熱線にも対応出来る強さ。しかしゴジラそっちのけで内輪モメ。ゴジラがどういう状況なのかも正直さっぱりわかんね~! 主役ぞ? ……まあいいや。

 んでもって最終章に登場するらしい怪獣の名前が登場。

 続きは普通に気になる。せっかくだし劇場行ってきます。