映画採点ブログ

映画を100点満点で採点します

【採点】エイリアン(1979)

インタビューなどの情報なし 映画のみの感想です
U-NEXT で鑑賞

プロローグあらすじ

 

感想

あ り え ん
A ☆ LI ☆ E ☆ N

 実は観たことない。
リドリー・スコットって言ったらオデッセイにも呼ばれたSF映画の巨匠ですものね。その初期作かあ。
 ちなみに観たのはディレクターズカット版。

 ドB級だと思ってたけど(すまん)作りこまれてた。

 そもそもエイリアンってこの映画から「宇宙人」の意味を持つようになったのね。
それくらい観た人にインパクトを与える映画。納得。

見どころ(点数)

エイリアン 24点
ストーリー 17点
その他造形・設備 16点
演技・配役 15点
音楽 2点

合計で74点としました
 寄生ネタは好きなんですけど……これは怖い。一応生態は別の映画で知っていたのですがそれでも。

 基本的に画面が暗いのですが、エイリアンの造形が見え切らないギリギリの感じが余計に恐怖心を煽る。
 怖いけど画面から目を離せないのも造形の作りこみによるものかな……疲れた。

 SFとホラーの組み合わせってやべえ。
未知だけど生態も設定されてますもんね……。

 娯楽映画として綺麗にまとまってるので見やすいです。人物設定もしっかりしていて行動に無理やり感はない。

 人が「気持ち悪い」「怖い」と思う理由に全力をかけた振り切れた作りこみがされておりました。

 

批評コーナー(減点理由)

感情移入 -18点
 登場人物に感情移入させることでハラハラ感を増させたり死亡シーンに感傷が生まれたりって方法はいつから主流になったんでしょうかね。少なくとも本作にはなかったので、フラットな印象。のっぺりとまでは言わないけど時代を感じます。
 まあ尺の関係もありますか。十分長いしね

暗い -8点
 B級っぽさの理由No.1。明るかったアンドロイドのシーンがかなり怖かったことも考えるとエイリアンは暗いばかりでやっぱり勿体なかったかなと

 

 舞台が宇宙でも重力の演出をしていないのも「そこはあまり物語と関係ない」からってオデッセイでも言ってたしいいよね。